×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚の招待状とお礼状

結婚の招待状とお礼状

結婚式の招待状と
お礼状の書き方

  

結婚式の招待状

結婚式の招待状は結婚式を友人たちなどに伝える上での、一番最初の大事な出会いになります。 一般的には結婚のお知らせや結婚式の日にちなどの伝えたい事を わかりやすくメッセージカードに書いて郵送 で招待した相手に直接送ることになります。 メッセージの文章には「、」や「。」といった句読点をつかわない決まりや忌み言葉という縁起の悪い言葉は使 わないなどの様々な決まりがありますので、文章を書く時には使わないようにしましょう。 結婚式の招待状のデザインには特に決まりがないので、あまり個性的すぎるものでないかぎり自由にデザイン してもかまわないとされています。 招待状の差出人は新郎や新婦の名前ではなく、新郎や新婦の両親の名前をつかうというのが一般的に良いとさ れています。が最近では新郎新婦の名前を並べて書いて送るというのが多くなっています 。 招待状の返信の書き方の注意点ですが招待状は、新郎(新婦)が友達や職場の同僚などなら、「おめでとう、 もちろん出席させていただきます」など、口頭で返事をすることもあるでしょうが、返信はがきはそれとは別 に必ず期日までに投函するようにしましょう。


結婚後のお礼状

結婚式の写真などに新居の住所や連絡先などを添えてふたりの知人に結婚の報告をする挨拶ハガキ。結婚式の1ヶ月後以内には投函しよう。 年末の挙式ならば年賀状をかねて出しても良いでしょう。 結婚をした時には様々なお祝いを受けますその際に、お祝いに対して礼状を出すことが必要になります。 挨拶状や礼状には書き方にも決まったものがあります。 まずは結婚祝いをいただいた際にお返しする礼状についてですが、やはり品物などをいただいたら早い 時期に礼状を返すのが良いでしょう。 お祝いをいただいた相手に返す礼状の内容としては、はじめに時候の挨拶をするのですがその際はなるべく 自分の言葉で作成するようにします。 目上の人に対しては失礼になりますので前略などを使用するのは避けたほうが良いでしょう。 定番の文章としましては、時候の挨拶の文章頭としては1月から始まり「厳寒の候 新春を迎えて寒さも 厳しくなってくる此の頃・・・」などから2月位の季節では「余寒の候 節分のころですが窓を開け放つにはま だまだ寒さは抜け切らない此の頃・・・」3月位には「早春の候 桃の節句を迎えましたがこの地方では雪が残り 春までもう一歩といったところです・・・」、4月では「陽春の候 花の色合いが美しく感じられるころになり ました・・・」5月では「新緑の候 端午の節句にこいのぼりが空高くおよいでおります・・・」などの挨拶から 始まり内容としてはお祝いをいただいた感謝の気持ちをお礼として述べ、結婚した二人の喜びを伝えるようにします。

結婚式の電報

結婚に関する祝電は披露宴に出席しない場合や、止むを得ず欠席する場合はお祝いの電報を打つと喜ばれます。 結婚式に出席できないときは心のこもったメッセージを添えてお花や電報を贈るとよいでしょう。最近では インターネットで誰でも簡単に注文することができ、また種類も豊富です。 また会社関係などで祝電を打つこともあります。 電報の種類としてはメッセージのみの電報ぬいぐるみ電報フラワー電報などがあります。業者により異なるりますがメッセージのみ なら1000円以下から可。ぬいぐるみ電報は2,000円台から、フラワー電報は3,000円台から。 電報に使える文字は、約20種の記号のほか、以下の文字が使用できます。 1.漢字電報:常用漢字表・人名用漢字表に掲げる漢字と、ひらがな、カタカナ、アルファベット。 2.かな電報:ひらがな、カタカナ、アルファベット。 電報を送るにはタイミングが大切です。 電報は打ってからおよせ3時間くらいで届きます。 電報として一般的に使われる文体は以下のような感じです。 結婚おめでとうございます。 明るくあたたかいご家庭を築かれますようお祈り申し上げます。 43文字 ご結婚おめでとうございます。 末永いお幸せをお祈りします。 28文字 ご結婚おめでとうございます。 お二人の門出を祝し、心からお祝い を申し上げます。 38文字 華燭の典を祝し、心よりお祝い申し上げます。 お二人のご多幸とご発展をお祈り申し上げます。 43文字 職場のみんなからお祝いの気持ちを贈ります。 健やかで笑顔あふれる明るい家庭を築いて下さい。 末永くお幸せに。 52文字 結婚式に出席できず残念です。心から幸せを祈っています などが定番の文章です。 出席できない場合お花を贈る場合も有ります、お花のばあいは新婚旅行から帰ってきた頃を見計らって お花を長く楽しんでもらえるように送ることもあるそうです。お花を贈る場合の予算としましては大体 5,000から10,000円くらいが相場です。ワインとお花のセット料金が6,000円前後、オルゴールとお花の セットでは5,000円の予算でご注文できます。


(C)結婚の招待状とお礼状
お手ごろウエディングドレス/ 結婚にかかるお金/ 結婚式スピーチ/ 和装で結婚式/ 国際結婚仲介/ 結婚の招待状とお礼状/ 芸能人プロデュースのドレス/ 相性占い/ 子宝に恵まれる風水/ 金運アップ情報/